定年後の再出発できるプログラミングの魅力

歳を重ねるにつれて、定年の年齢へと近づいていく。
仕事を続ける意欲はあっても、定年を迎えれば他の働き方について模索しなければならない。ソフトウェア開発の職場でも定年があり、開発者としての役割を終えて職場を離れる人たちがいる。
しかし、まだ仕事に対する意欲を持っているのであれば、かならずしもプログラミング自体から離れる必要はない。むしろ、会社を離れてからのやりがいを見つけなければ、人生の目標をも見失ってしまいがちである。

プログラミングの仕事は、会社に属さなくとも独立して続けられるという魅力がある。
また、同様に定年を迎えたソフトウェア開発のエンジニアを集めて、新たな会社を起業する事も、定年後の活躍の方法として選ぶことができる。
仕事が続けられるかどうかは、ソフトウェア開発に魅力を感じているかどうかこそが重要であり、年齢は必ずしも必要条件とはなりえない。

年齢に関わらず、新しいソフトウェア開発を行う事はできる。意欲さえあれば生涯続けられるのがソフトウェア開発の仕事であり、定年にこだわらない働き方が人生の新たなやりがいを感じることにつながる。少子高齢化に伴い、情報技術開発の分野でますます、定年を迎える技術者の数が増えていく。そのような状況の中で、プログラミングの人材を再び活かしていくことには大きな意味がある。ソフトウェア開発で人材不足に陥る前に、年齢に関係なく活かせる人材を起用する方法について模索ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です