プログラミングにより開けるキャリアパス

プログラマーとして働いていく道を選ぶことの魅力は、将来に描くことができるキャリアパスの豊富さである。プログラミングによって様々なシステムやプログラム等を作成できるという技術は汎用性が高く、システム開発やソフトウェア開発に加えて、Webアプリケーションの開発やアプリ開発など様々な分野で活躍していく道を選ぶことができる。

また、独立してフリープログラマとなり、自分で発案したプログラムを作成して生計を立てていくことも可能であり、将来の道には広い可能性がある。
しかし、プログラマの仕事は開発プロジェクトの中では最終段階になることが多く、仕様等が全て決められてから仕事に取りかかることになる場合が多い。
そのため、プロジェクトの進行においては、自分の担っている仕事がプロジェクトの完成に直結するという大きなプレッシャーを受けながら、仕事を行わなければならないという状況に立たされることになる。

一度、プロジェクトが佳境に入ると休日も仕事を行うことになり、連日残業に追われる生活となることも珍しくはないというデメリットがある。しかし、そういった苦労を経てプログラムが完成した際には、それを一番最初に目にすることができるのがプログラミングを担ったプログラマであり、最新のプログラムをいち早く目の当たりにできるという魅力もある。
その喜びを思い描くからこそ、激務をこなしてプログラムの作成を担う重要な役割を果たしていけるのである。プログラミングの醍醐味について記載してあるサイトを見つけたので紹介しておこう>>>>プログラミング魅力創造課